学びが多いのは借金の返済&自己破産にとって

学びが多いのは借金の返済&自己破産にとって

自己破産は何を生み出すのか?ふと疑問点を知りたいのですが。

 

 

 

やれないことをやれる努力をしてからって花

 

 

任意整理体験談ブログ

 

逃げ出したくなる時があると同時にどうしてもやりきらなければいけない瞬間が来ることを忘れてはいけない。努力をするから目の前に驚くべき報酬が確定されているのかな。

 

 

 

まだわらかないけど2016年の6月には結果が出ているだろう。1年間やりきるべ。

 

 

私の人生で3番目くらいにインパクトの強かったお話をします。

 

 

それは2年前の出来事です。私は実の父を3年前になくしているのですが、その父の一周忌の
親戚の集りの時に起こったんです。それはなにかといいますと、その日はお寺からお坊さんが来られて

 

 

 

念仏をあげていただくことになっているのですが、まだお坊さんが来られる前のことです。親類が集まって雑談をしている中で、義父が親戚が集まっている中で、
渡しに対して、「最近は君の生活はどうなのかね?」なんて聞いてくるんです。私はむかっときまして、絶句してしまいました。

 

 

親戚がみんないる中、また私の母が横にいる中でそんなことを言う人はいないと思ったんです。周りにそんなことは誰だって聞かれるのはいやなはずです。

 

 

 

それも親戚がたくさんいる中で言うなんて、本当に空いた口がふさがらないとはこのことだと思いました。また怒りもこみあげてきます。そしてその日は実の父の命日でもあるのに対して、全く失礼な奴だって思いました。この人は何も考えていない人だと私は判断しました。前にあったテーブルをひっくり返してやりたいくらいの気持ちでした。

 

 

 

それがあってからというものの、義父を義父とも思うことはなくなりました。それから会ってもいません。今後も会うつもりもありません。

 

 

 

妻には悪いですけど、謝罪しない限り許せないのです。父の命日に傷を入れられたような気持なんです。はたからみたら、そこまで思う人はいないと思うのですが、私の心には突き刺さったままです。現在」妻の実家の連中は私の家には出入り禁止としております。私の中でのことですが。

 

 

 

中学生の時の部活動の練習は、本当に辛かった思い出があります。テニス部に所属していたのですが、学校内でも1、2位となるぐらい厳しい部活として有名でした。過去強豪であった時代もあったことから、その強さを取り戻すために、練習の過酷さがずっと続いていたのです。

 

 

 

特に、夏の練習はかなり過酷でした。時代が時代だけに、部活中は水を飲んではいけないといった決まりがあったため、とにかく口が渇いて仕方ありませんでした。また、夏の陽射しの下でずっと動き続けるだるさは、今思い出しても本当に辛かったです。たまに雲の陰が通り過ぎる時、ほんの一瞬涼しさが通り抜けるのが本当に救いでした。

 

 

 

しかし、残念なことに、これほど辛い練習に耐えていたのですが、試合ではなかなか勝つことができませんでした。私達の前の時代まではそこそこの成績を残すレベルだったので、私達の年代になると急に勝てなくなってしまったのです。そのことも、辛いことの1つでした。

 

 

 

しかし、大人になった今、辛い練習に耐えた経験はとても大きな財産となっています。あれ程過酷な練習に耐えれたのだから、これから起こることも乗り越えられるといった気持ちの強さを持つことができるようになりました。部活動は、勝利することも大切ですが、試合に負ける、辛い練習に耐えるといった経験を積むことが大切なのだなと思いました。